お役立ち情報

トップページ > お役立ち情報 > 圧空・真空成形の工程

圧空・真空成形の工程

圧空・真空成形は熱成形のひとつで、熱可塑性樹脂板 (シート) を加熱軟化させた状態で型と真空を使って形を整え、冷却して成形化する成形方法で以下の工程で成形していきます。

圧空成形の工程

圧空成形は成形工程でヒーター加熱によって軟化した樹脂板と型の空間を真空吸引で真空状態にして大気圧に押された樹脂板が型に密着する際、大気圧側から圧縮空気 (圧空) も加えながら成形をします。

圧空成形の製作工程をムービーファイルと併せてご覧ください。

圧空成形の工程

ムービーをご覧頂くにはAdobe Flash Player 10.3以上が必要です。再生されない場合はAdobe Flash Playerをインストールしてご覧下さい。

真空成形の工程

真空成形はヒーター加熱によって軟化した樹脂板と型の空間を真空吸引で真空状態にすることで、樹脂板が大気圧に押されて型に密着します。その状態で冷却し形状化する成形方法です。

真空成形の製作工程をムービーファイルと併せてご覧ください。

真空成形の工程

ムービーをご覧頂くにはAdobe Flash Player 10.3以上が必要です。再生されない場合はAdobe Flash Playerをインストールしてご覧下さい。
圧空・真空成形の工程
圧空・真空成形のメリットとデメリット
圧空・真空成形で失敗しない設計のコツ
成形品の価格を下げる6つの知恵
他成形, 加工法との比較
生産個数別の型材質比較
一個流し生産